FAQ 創傷治癒 よくあるご相談

  1. 傷の応急処置
  1. 腕・手・指
Q1
相談者:すみ 年齢:20代前半 性別:男性

2日前に包丁で指を切ってしまいました。
結構深く切ってしまって、おそらく縫うレベルくらい深く切ってしまいました。
ですが、縫いたくもないためキズパワーパッドを貼っているのですが、キズパワーパッドで大丈夫なのでしょうか?

A1
回答者:脇坂長興(創傷治癒センター理事)
腱損傷、神経損傷が無いのなら、必ずしも縫合しなくとも、創縁をしっかりと合わせておけば2週間以内に創閉鎖します。
赤み、腫れ、痛み、熱感は感染兆候と考えられるので、それらの症状が出現した際は直ちに病院を受診してください。
Q2
相談者:なおた 年齢:60代前半 性別:男性

2日前にパンを切るギザギザの歯がついたナイフで左手中指の先を切りました。その時は結構出血したので、傷口の形はわかりませんでした。バンドエイドを貼って10分ほどで出血は止まりました。
その8時間ほど後、バンドエイドのキズパワーパッドを入手したので、それを貼ろうと改めて傷口を見ると、ナイフで削ってしまったようで、直径5mmほどの丸い傷口で皮膚がなくなり、全体からじわっと出血していました。
皮膚の再生を促すというのでそのキズパワーパッドを貼っていますが、この処置で問題ないでしょうか。
傷口を水道水で洗ったときには痛かったですが触らなければ痛みません。化膿もしていないようですし、発熱もありません。また、このように皮膚を削ってしまった場合、治るのにはどれくらいかかりますでしょうか。

A2
回答者:脇坂長興(創傷治癒センター理事)
感染が無ければ、そのまま処置を継続していただければよいでしょう。
損傷の深さ、広さによって上皮化・治癒までの時間は異なりますが、2週間以内に上皮化が完了するのが一般的です。
発赤、熱感、腫脹、疼痛のいずれかの症状が出現したら、直ちに病院を受診してください。
外傷を受傷した際は、なるべく早く病院を受診し、必ずしも通院は必要なく自己処置が可能な創であることを確認して貰い、処置法を具体的に指導して貰うようにしてください。
Q3
相談者:ほし 年齢:30代後半 性別:女性

昨夜18:30きゅうりの薄切りをしようとしていて、スライサーで右手薬指の皮膚を削ぎ落としていまいました。直径8mm深さ2mmくらいの傷です。多量の出血だったので、洗ったあと絆創膏を貼りその上から圧迫し保冷剤で冷やしながら心臓の上に手をあげ4時間。傷パワーパッドを発見し貼り替えようとしたら、血が全然止まっておらず痛みで寝られないままでした。傷パワーパッドの使用期限が不安だったので、先ほど新しいものを購入し貼り替えたのですが、出血が弱まってるものの続いてました。皮膚片はラップで包みなんとなく冷蔵庫で保管していましたので、皮膚片を戻し今傷パワーパッドを貼ってます。コロナで病院に行けず対処法はこれで良いか相談したいです。また、化膿止めのかわりと思い家にあったメイクアウトを飲みましたが、こちらも併せて良いか教えて頂きたいです。

A3
回答者:脇坂長興(創傷治癒センター理事)
ご自身でなさった処置として、絶対に否定しなくてはいけない点があるわけではないのですが、調理中の受傷となると、感染の合併の可能性を完全に否定することは出来ません。
受傷翌日に赤み、浮腫み、痛みが増強しているようなら、直ちに病院を受診してください。
「皮膚片」は遅かれ早かれ脱落します。
Q4
相談者:コン 年齢:20代前半 性別:女性

昨日ピーラーで小指の爪の近くに深く切ってしまって皮が剥がれそおで剥がれないけどそういう場合どおすればいいのですか?それに血が止まらない場合どうすればいいですか?

A4
回答者:脇坂長興(創傷治癒センター理事)
先ず水道の流水で洗ってください。
続いて、可能ならば滅菌ガーゼで、無ければ洗濯したてのタオルで創を圧迫して、止血してください。
「剥がれそう」な「皮」はそのままにして構いませんし、受傷した手指は心臓より高い位置に置いておきましょう。
簡単には止血しないでしょうし、痛みも出るでしょうから、出来るだけ早く外傷を診てくれる病院を受診してください。
Q5
相談者:ヒロ 年齢:30代後半 性別:女性

3日前に指先をスライサーで爪の下まで切り落としてしまいました。
ラップに軟膏を塗りテープで固定し、その上にガーゼで保護しています。朝昼晩と傷口を洗い手当てしなおしています。
傷口は順調に治ってますが、2日目から周りの皮膚がふやけてきています。3日目の夜、白くふやけてきて心配になりました。
ラップの面積が大きい事と軟膏を多く付けすぎているのが原因かと思い、3日目の夜ラップを傷口より一回りほど大きくし、軟膏も軽く塗ることにしました。
傷口は痛みもなく出血も止まり順調に治っているとおもいます。
対応としてはこれで良いのでしょうか?

A5
回答者:脇坂長興(創傷治癒センター理事)
創傷治療に食品用「ラップ」をお使いになることは、医療用として認可された創傷被覆材の継続使用が困難な事情があるときを除いて、積極的にお勧めするものではありません。
それはさておき、ご相談の治療経過は「順調に治っている」とお考えになってよいでしょう。
創面の乾燥を防いで「ラップ」をご使用になっているのですから、「皮膚がふやけて」しまうのは当然のことで、「ラップの面積が大きい事と軟膏を多く付けすぎている」ことは問題ではありません。
閉鎖療法としては、痛み、赤み、腫れなどの感染の兆候が無ければ、「朝昼晩と傷口を洗い手当てしなお」す必要はありません。
ただし可能ならば、一度、形成外科などの外来を受診して治癒経過に異常がないことを確認してもらうことをお勧めします。
Q6
相談者:あすな 年齢:10代後半 性別:女性

先日、ソフトボール(部活動)で、手の指と指の間が裂けてしまい、1針縫いました。
前にも、おなじところを同じ1針縫いました。
前回縫ってもらった整形外科では、消毒液を塗らないといけないと言われましたが、今回は前回お世話になった病院が休みの日で皮膚科に行ったら、水で洗ってと言われました。
消毒液で綺麗にするのか、水で綺麗にするのかとどっちが正しいですか?
そして、いつからソフトボールを再開していいと思いますか?

A6
回答者:脇坂長興(創傷治癒センター理事)
受傷直後あるいは縫合翌日に感染を起こしていなければ(赤みや熱感、腫脹、疼痛が無ければ)、消毒の必要はありません。

また、出血が無ければ直ちに「ソフトボールを再開して」も構いません。
ただし、上記のアドバイスは一般論であって、あなたの創状態を診て判断したものではないのですから、あなたの創治療に関しては、何をすべきか、どうしてそれをしなくてはいけないか、何をすべきでないか、どうしてしてはいけないのかを、あなたが信頼する主治医にご確認になっていただくのがよいでしょう。
  1. トップページ
  2. 創傷治癒センターとは
  3. 傷の悩み 無料相談
  4. 創傷治癒よくあるご質問
  5. WHC chnnel 動画解説

傷についてもっと詳しく

  1. 傷跡を消す
  2. 褥瘡(床ずれ)
  3. 湿潤創傷治療
  4. 下腿潰瘍
  5. スカーレスヒーリング
  6. 皮膚の再生医学
  7. ストーマケア

医療機関のご案内

創傷治癒に関わる専門の医師がいる医療機関のご案内です。

  1. 塩谷理事長のブログ
  2. 傷の悩み 無料相談
  3. 医療機関のご案内

医療関係者向け情報・相談コーナー Web会員限定の製品情報や相談閲覧にはパスワードが必要です。

  1. リンク
  2. 施設紹介

ページトップへ